スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

本日2回目だが

今日オレの唯一カワイイと思う赤子と
そのオレの心の友・ザ・母親がお昼の弁当を作ってきてくれたので
公園で待ち合わせ

花はお先に行ってン子を済ませ
疲れて大人しくなるように走り回らせ(笑)

お昼近くに親子登場


やー
シアワセ(笑)

人が作ったご飯と
お天気の良さと


サイコーだわ

ふと気が付いたんだが
大人になってから
オレの表部分と裏部分の割合が
9:1くらいまで抑えていられるようになったんだが
つーか見る人が見れば真裏のままですけど(笑)

最近限りなく互角になりつつある
6:4くらい
ギリギリ(笑)
車高の低さは知能の低さと言われてた頃の(笑)
ウーファードッカンドッカン鳴らしてた頃の(笑)
アメ車乗り回してた頃の(笑)
隠し切れないのは目が死んでるところね
フフ


もぅね
この表ブログも怪しいくらいよ(笑)

その親子とのシアワセなひと時の前に
なぜか今日公園に近所の学校のガキどもがワラワラワラワラいたのね
お勉強の一環でしょうね
2クラスくらいの人数

花は小学生はものっすごい苦手なので
避けてひっそりとしたところまで行きました

わざわざ避けて通ってたのに



あっ 犬だーーー



ハハッ
めっかっちゃった☆

聞こえないふりをして足早に通り過ぎようとしたら




オレ 犬触ってくるーーーー



足早に逃げたので
足早に追われてみる(笑)

花ビビル


もんのすげぇ目むいて後ろを振り返りながらダッシュする花

半笑いのオレ

まぁ ないけど飛び掛られてもイヤなので
花を引き寄せたら追いつかれ

花 囲まれる

ビビル(笑)

『ごめんねぇ びっくりするからあんまり・・・』
言ったか言わないかのうちに手があちこちから伸びる

花ビビル(笑)

『あ ごめんね ビックリするからさ・・・』


言ったか言わないかのうちに


『なんで?』



『オレ触った~』



『怖いの?』



次から次へとガキどもが質問するわ
花を触ろうとするわ
おまけに叩こうとするわ
声デカイわ



うるっせーんだよ ガキ



と思いつつも

『うん みんなに急に囲まれたら怖いデショ』

と大人ぶって話してやってんのに

ほら

最近オレ6:4だからさ



『なんでこえーんだよっ』



というひとりの口のききかた知らないガキのデカイ声の質問に
目を見つめておもっきり答えてやったわ





『じゃぁさ』



168cmのオレ
無表情にて立ち上がる



『オマエよりデカイやつらにさ


急に囲まれて手出されたらこえぇダロ?』




ガキビビル(笑)

一同黙って立ち去ってくれたわ

あぁ 良かった☆

シネッ

6:4だからねぇ
ガキには刺激的だったかもねぇ


大人をなめるな



スポンサーサイト

2006年11月22日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。