スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

イチさん続き

オレが迎えに行って
病院内で興奮してまた吐いたので

今日は安静に

が心配なので本日入院

結局
診断は
胃拡張


捻転は起こしてなかったものの
危うく捻転おこしかけそうになってたらしい


ガス抜きをしたが
再発率と死亡率が高いので
入院させた


コワヒ



原因は不明らしいが
だいたいは
食後急激な運動をしたり
早食い
水のがぶ飲み
もしくは何かがスポッっと詰まった
ストレス
などらしい


可哀想だわ


確かにイチくんて
すごい勢いで食うのよ
むせるほどに
そういうのも原因なんだろね


よくあるのが
飼い主さんが発見が夜中になる
捻転おこしてる
そして死亡
のパターンらしい



捻転起こすと手術しかないらしいが
術後の予後不良で死亡も多いらしい


発見を早く
という事が第一みたいだが
オレがあからさまに気づいたのが
腹の張り
吐きたくても吐けないってのもあったが
梅雨時期に吐くことも割りとあったので
油断した
しかも
吐かれたものって
梅雨時期の朝いち黄色い泡ではなく
透明の胃液みたいなネバついたもの
それで
おや?
と思った


そんな症状が出たら
時間に関係なくすぐに病院へ


捻転をおこしたら時間が経てば経つほどに
細胞はジワジワと死亡します
最後に心臓に達するらしいよ
捻転を元に戻したとしても
時間が経ってると
急激に血流が良くなって
ショックで死亡もあるらしい

とにかく時間との戦い


まぁ
大型犬に多く
あまりフレンチがなったとは聞かないらしいけどね
人間だって同じ臓器付いてて
捻転起こす人もいるからね
気をつけてね

スポンサーサイト

2008年06月10日 トラックバック(0) コメント(2)

今先程前のコーナーでコメントしたのです、が、
次のブログをちゃんと読んでおらず・・。
すみません。笑
質問ばかりしてしまいましたが、
きちんと説明されていましたね。

しかし、死亡率+再発率高いとは!!!
にこも、かなりの早食いなのです。

イチくんの異常をすぐに判断できて、
素晴らしいし、よかったです。
少し遅れていたかと思うと。
きちんとイチくん&はなちゃんの様子を
見られているから出来たことですね。
よかった☆

しっかり直して、退院できますように☆
イチくん、元気になあれ!

2008年06月11日 AKa URL 編集

お腹がパンパンになるのはわりと後からです
最初は吐きたくても吐けない状態が続きますよ
それからはみるみるお腹が張ってきて
うつ伏せがつらそうに見えます
要因は色々みたいですが
早食いもひとつの原因なんでしょうね
回数を分けてご飯をあげるってのは良い手みたいです

まだ実家なのでもぅそれが悔やんでも悔やみきれませんよ
ずっと見てればこんな事にはならなかったのに と
これは
病気ではなくて
事故だと思います
飼い主の責任ですよ
トホホです

2008年06月11日 ミミヨ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。